真喜屋 舞香花(サガリバナ)
まきや もうかばな

国内最大級のものとされ、花序の長いものでは1mを超えるものも観察

見ごろは6月中旬~7月中旬。

名護市真喜屋(まきや)区にある舞香花(もうかばな・サガリバナ)は、国内最大級のものとされ、花序の長いものでは1mを超えるものも観察されています。平成14年9月に猛威をふるった台風16号により根元から避け倒伏してしまいましたが、その後移植した幹部分や残った根元に萌芽が見られ順調に生育し、近年では夏に花を咲かせています。

周囲には十数本の舞香花群生もあり、夏の夜には辺り一面、美しい花と甘い香りに包まれます。

舞香花(もうかばな・一般的には「サガリバナ」のこと)は、夜21時ごろ見ごろとなり、朝6時ごろには散り始めます。

真喜屋区では、期間中はライトアップを実施し、周辺には臨時駐車場も設置されます。住宅地の奥に位置していますが、国道58号線真喜屋交差点より順路案内板が掲げられます。

 

 

詳細情報

住所 沖縄県名護市字真喜屋151
駐車場 花の期間中は臨時駐車場を近隣に設置
交通・アクセス 自動車:沖縄自動車道利用で那覇空港から約100分(那覇I.C~許田I.C経由)
関連サイト・HP -

掲載情報は2018年05月07日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
掲載情報の変更を依頼する(会員さま)